スキル

情報化するメリットは?「共有」・「保存」と「頭の整理」

高度情報化社会といわれる現代。

私たちの身の回りには、数多くの「情報」が溢れていて、日々、膨大な量の「情報」が生産されています。

この記事では「情報」というものに着目し、「情報化」という作業のメリットについて、解説します。

結論を先に言えば、情報化のメリットととして、以下の点が挙げられます。

記事のポイント

  • 情報化のメリット① 経験や知識などを共有できる
  • 情報化のメリット② 経験や知識などを保存できる
  • 情報化のメリット③ 重要な要素の取捨選択ができる

以上、3点のメリットについて、順番に解説していきます。

「情報」ってなんだろう?

まず、「情報」の意味についてです。

辞書では、情報という言葉は、以下のように説明されています。

【情報】
ある事柄の内容や事件などについての知らせ

文字・記号・音声など,種々の媒体によって伝達され,受け手の判断・行動などのよりどころとなる知識や資料

明鏡国語辞典

①の意味は、すんなり理解ができるかと思います。

普段、私たちは「情報」という言葉を①の意味で捉えているからです。

「新しい情報が入った」、「よい情報を聞いた」などと言う場面では、情報を①の意味で使っています。

しかし、「情報」というものの性質を理解するにあたって、重要になるのが②の意味です。

文字・記号・音声など,種々の媒体によって伝達され,受け手の判断・行動などのよりどころとなる知識や資料

②の意味は、①の意味を小難しく言い換えただけのようにも思えます。

特に注目していただきたいのは、「文字・記号・音声など,種々の媒体によって伝達され」という部分です。

この説明からわかるのは、情報を伝える媒体は文字や音声に限らず何でもよいという点です。

一見、当たり前のように思われるかもしれませんが、信号機を想像してみてください。

信号機は色の変化でドライバーに「交差点に安全に進入できるかどうか」を伝えています。

大昔の人々は狼煙を上げて、遠くの仲間に情報を伝えていました。この際には「煙の形」が、情報を伝える媒体になりました。

私たちは普段、文字や音声だけが情報を伝える媒体と考えてしまいがちですが、情報を読み解く仕組みさえ共有されていれば、様々なものが情報を伝える媒体になり得るのです。

これが情報というものの性質です。

情報化とは「物事を表現すること」

ここまで情報とは何かについて、説明してきました。

【情報】
ある事柄の内容や事件などについての知らせ

文字・記号・音声など,種々の媒体によって伝達され,受け手の判断・行動などのよりどころとなる知識や資料

明鏡国語辞典

さらに「情報化」の意味について考えると、辞書の説明から、以下のように定義することができます。

情報化とは

受け手の判断・行動などのよりどころとなる知識などを、受け手に伝達するために、文字・記号・音声など、種々の媒体で表現すること

メールを送ったり、メモを残したり。これらの行為は、文字という媒体を使って行う情報化です。

話すことは、音波を使った情報化。信号機は、光を使った情報化を行っていると理解することができます。

情報化のメリット① 経験や知識などを共有できる

情報化のメリットとして、真っ先に挙げることができるのが「共有」です。

自らの経験や知識などを、何らかの形がある物理的な媒体に置き換えること(情報化)で、他人と共有をすることができます。

人間は、思考をする時に脳内で電気信号を変化させているそうですが、この電気信号を他人と直接、共有することはできません。

声帯を震わせて、音波を発する(言葉に出す)ことで初めて、思考は情報化され、他人に届くようになります。

「情報化による共有」ができれば、自分ではできないことを、誰かにやってもらうことも可能になります。

情報化のメリット② 経験や知識などを保存できる

2つ目のメリットは、情報化することで、経験や知識などを保存できることです。

情報化する媒体に音を使うのでは、すぐに消えてしまいますが、紙とインクを媒体にして、情報を文字として残せば、長期間、保存することが可能になります。

古代エジプトで使われていた、世界で最も古い文字であるヒエログリフは、石などの硬い物質を媒体に、彫って文字を残す事で、今日まで情報を伝え続けています。

こうした情報化による経験や知識の保存は、学習という面において人類に大きな影響を与えています。

1人の人間が生涯で経験したり、行動したりすることには自ずと限界があります。

しかし、本などの情報媒体が作られたことで、たった1人の人間が、過去に何人もの人が生涯をかけて得た知識を得ることもできます。人類の知の蓄積は、情報化による保存の賜物と言えそうです。

情報化のメリット③重要な要素の取捨選択ができる

最後にお伝えしたいのが、情報化という作業を通じて、「共有や保存をしたい物事の中で、重要な要素は何なのか」を考え、取捨選択ができる点です。

情報化するために必要になる媒体(紙など)には、容量に限りがあります。

紙を何百枚使ったり、何時間も話したりして、多くの要素を情報化することも可能ですが、実用的ではありません。

現実的には、「A4一枚でまとめる」とか、「5分で話す」とか、簡潔に情報化することが求められます。

物事のすべてを情報化することは難しいため、情報化しない要素を決める必要が出てきます。

この作業を通じて、改めて物事について、「伝えるべき要素はどこなのか」という視点で深く考えることができるようになります。

物事を情報化せずに、頭の中に記憶として保存しておくだけでは、この優先順位付けは行うことは難しいでしょう。

情報化という作業を通じて、頭の中の記憶が整理され、要点をつかみやすくなります。

まとめ

記事のまとめ

  • 情報化のメリットは経験や知識などの「共有」・「保存」、「重要な要素の取捨選択」
  • 特に「重要な要素の取捨選択」をすることで、記憶が整理され、要点がつかめるようになる。  

-スキル